宅建

【宅建】大切なのは『教材選び』【自分に合った教材を見つけるには】

2020年2月28日



目 次

  • 宅建試験のテキスト選び
  • おすすめの教材とは
  • いくらかかる?費用面について

前回は『宅建試験とは?』をお伝えしましたが、今回は独学で勉強される方向けに

宅建試験のテキスト・教材選びについて紹介していきます。

関連

 

宅建試験のテキスト選びについて

教材選びに迷う理由

昨今の宅建試験は、人気がうなぎのぼりの上に、試験問題は難化しています。

10年程前に合格している方から言わせると『過去問やればなんとかなるよ!』と

軽々しく、自慢気に言いますが、そうもいかないのが今の宅建試験です。

そんな人の意見は無視して、まずは自分のスキルを確認しましょう。

なんといっても、令和2年度の宅建試験合格のカギは、民法改正への対応になります。

どんなスタイルで勉強していくか

宅建試験は歴史が長いため、教材は世に溢れています。

その中で「自分の生活スタイル・勉強方法」に合った教材を

見つけ出し、手に入れることが可能な時代となりました。

ここでは、見直さなければならない重要なことが2点あります。

  1. 宅建試験までに、どれだけの学習時間を費やすことができるか
  2. 生涯の勉強方法で、自分に一番合っていた勉強スタイルは何か

 

この2点に向き合うことで、確実に合格へつながる教材を選ぶことができます。

おすすめの教材紹介

試験まで時間はたっぷり!生講義を受けたい!

大手スクールの合格コースを受講をおすすめします。

メリット :わからない部分をすぐに質問・解決できる

デメリット:値段が高い、日程・時間の縛りがある




 

試験まで時間はたっぷり!しかし、時間の融通が利かない・・・

通信講座をおすすめします。

メリット :費用面をおさえられる、時間に縛りがない

デメリット:自分のとの闘いに打ち勝つ必要がある

(長期戦になるためメンタルコントロールが必要)



試験まで時間がない・・・しかし、法律用語は得意!

書籍の購入、読解をおすすめします。

メリット :読んで基本を理解すれば、合格できる

デメリット:書籍選びに失敗すると時間と費用を要する

コレがおすすめ!

いくらかかる?費用面について

勉強方法によって、かかる費用面は変わってきます。

宅建学習にかかる費用

宅建学習費用総額

  • 受験申込 : 7,000円
  • 教材費  : 最低5,000円~最大200,000円
  • 模擬試験 : 1回 500円~3,000円

関連

-宅建
-, ,

Copyright© 47都道府県旅行記 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.