転職活動

経理職に転職するためには【自己PRの書き方を紹介】

2020年3月26日

 

悩んでいる人
経理職に転職したいが、自己PRでどんなことを書いてよいかわからない…

こういった疑問に答えます。

 

この記事を書いている私は、経理職歴5年目。現在も在職中です。

未経験から経理職に転職した、実体験に基づいて解説します。

 

関連記事
未経験から経理職に転職するには【資格がなくても大丈夫】

続きを見る

 

 

経理職に転職するための自己PRの書き方

結論として、経理職に転職するための自己PRを書くためには〇〇が重要です。

なぜかというと、経理職で必要な知識は〇〇だからです。

 

体験談:実際に提出した自己PRを紹介します。

実際に、私が提出した自己PR記事を提出します。

5年前の転職活動

 

半年前の転職活動

 

□ 5年前のポイント 

・社会人歴ゼロ、未経験であることを書かない

・これまでの人生で尽力してきたことを記載

5年前は社会人歴がなかったので、本当に今までの人生で尽力してきたものを全面的にアピールしました。

 

□ 半年前の転職活動 

半年前にも転職活動をしており、実際に書類選考に通った企業がありました。

結果的には転職はやめましたが、職務経歴書を提出して、実際に書類選考が通った経験を元に、そのときに注意した点を紹介します。

・経理職としての経歴、経験値を記載

・経理職以外の部分の経験値を記載

どちらも具体的に書くことが何より重要です。

 

関連記事
【転職】営業→経理へ 未経験で転職ができた理由とは

続きを見る

 

経理職の採用側が気にするポイント【なぜ採用したか聞いてみた】

ここからは、実際に入社してからの経験談よりお話します。

  • 入社後、上司に「なぜ採用したか」聞いてみた
  • 働いてみて思う経理職の重要ポイント3つ

 

入社後、上司に「なぜ採用したか」聞いてみた

社会人歴ほぼゼロ、職種未経験の自分を採用してくれた理由を聞いてみました。

  • 日商簿記2級の資格を取得していたこと

→ 職種未経験だったとはいえ、資格を取得していたことは、大きなポイントだったと言えます。

また、簿記3級ではなく、簿記2級を取得していたことを評価していただきました。

 

  • コミュニケーション能力

→ 経理職は意外にも、他部署とコミュニケーションをとる機会が多くあります。

面接での話し方で、この部分を買っていただきました。

 

働いてみて思う経理職の重要ポイント3つ

  • 業務改善意識がある
  • 経理としての知識がある
  • コミュニケーション能力がある

 

それぞれを順に解説します。

 

業務改善意識がある

経理職は、全業務の末端部署と言っても過言ではありません。
そのため、常にいろんな部署からの依頼に答えたり、他の部署の動き次第で、自分の部署の動きが決まってしまします。
つまり、どんな動きをされても対応できるように、常に業務効率化の意識を持つことが重要です。

 

経理としての知識がある

経理知識については、なくても大丈夫です。
なぜなら、私は未経験ながら就職することができているからです。
これは働きながらでも「経理の知識を深めること」を意識しながら働いてください。
それだけで十分です。

 

コミュニケーション能力がある

前述とおり、経理職はいろんな部署との連携が必要です。
そのため、コミュニケーション能力があることに越したことはありません。
但し、ここでいうコミュニケーションとは「話す」が手段ではありません。
経理職は、圧倒的にメールで依頼することが多いので、メールの文章力を鍛える方法をとる方が効果的と言えます。

-転職活動
-, ,

Copyright© 47都道府県旅行記 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.